NEWS

Tiktokの企業アカウントが事前に必ず気を付けておくべき炎上対策とは?

昨今では様々な方向からアカウントやサービス自体が炎上してしまうことが多く、企業もより一層対策に力を入れているかと思いますが、その中でもTiktokでの炎上の広がりの早さは、良くも悪くも他SNSより早いと言われており、事前に対策が必要です。

炎上リスクを把握しておく

TikTokでの炎上は、

・企業自体の信頼が下がり、それにより業績の悪化に繋がる
・商品やサービスの評判が悪くなり、株価が下がる
・採用活動が困難になる

など、企業全体のイメージダウンに直結し得ます。
投稿する際にはダブルチェック体制などを作って内容をしっかり確認し、細心の注意を払って発信するようにしましょう。

運用担当者が数名いる場合には、全員で同じ意識を持つ

運用担当者が数名いる場合には、その中に1人でも意識が低い人がいた場合、不適切な内容や表現で情報を発信してしまう可能性があります。そのため、まず運用を担当する人員を選ぶ際には、SNSへのリテラシーが高く、炎上のリスクを把握している人材に任せることをおすすめします。また、共通認識として、運用マニュアルなどを書類にしてまとめておくと、引継ぎがあった際にもミスなく運用するることができるのでおすすめです。

情報漏洩に気を付ける

社内でTikTokを撮影する際は、個人情報が掲載された書類や撮影許可の取れていない社員に対して配慮する等、プライバシーを重要視した投稿を心がけましょう。例えば書類の映り込みは片付けていたのに、壁に立てかけてあるホワイトボードに、でかでかと売り上げ目標が書かれていたのに気づかずに投稿していた、などという例も少なくありません。ユーザーは本当に細かい部分までよく見ています。一度投稿されてしまったものは、後に削除したとしても、誰かがその動画を一度画面録画等で保存してしまっていた場合、本当の意味で消えることはありません。実際に、個人情報の流出がニュースで取り上げられたケースも後を絶ちませんので、細心の注意が必要です。

弊社出版実績







PAGE TOP