NEWS

TikTokの企業アカウント運用の際にしておくべき炎上対策とは?

今回は、TikTokの企業アカウントを運用する上で事前に知っておくべきTikTokの炎上対策やリスクについて紹介します。

企業アカウントが炎上してしまうと、これまで築き上げてきた企業のブランドイメージが悪くなったり、顧客からの信用が失われてしまったりする可能性が非常に高くなります。それに伴い瞬く間に顧客離れが起こり、企業の売上が大幅にダウンしてしまうケースも少なくありません。このように企業のSNSが炎上してしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性は非常に高いため、しっかりと社内で炎上対策を行うことで、未然にSNSアカウントの炎上を防ぐことが重要になってきます。

■具体的な対策とは?

①社内での監視マニュアルを作成する

TikTokで炎上しないためには、社内で監視マニュアルを作成することが重要です。例えば、「投稿する前に必ず2人以上のスタッフに確認してもらう」「投稿する際の注意チェック事項を作成する」といったようなガイドラインを設けることをおすすめします。社員1人の独断でTikTokを投稿し炎上してしまった場合には取り返しがつかないため、TikTok運用のルールを事前に作りチーム全員で共有することが大事になってきます。

②使用端末についても徹底する

例えば私用の携帯を使って運用していた場合、社内情報を誤って個人アカウントでうっかり投稿してしまった時に、会社の機密情報が流出してしまう恐れがあります。SNSを利用する際は、プライベートと仕事用で携帯端末を分けたりすることで、企業情報は外部に漏らさないよう徹底した環境作りをするようにしましょう。

③政治や宗教などに関する投稿を控える

TikTokでの炎上を防ぐためには、個人の見解以上のものが汲み取られてしまう政治や宗教に関する投稿はできるだけ控えるようにしましょう。特に全世界にユーザーがいるTikTokにおいては、グローバルなユーザーがコンテンツに出会う可能性があるからこそ、全てのユーザーが同じ価値観や思想を持っているわけではありません。物議を醸すようなジャンルの投稿を控えることで炎上を避けることができます。

弊社出版実績







PAGE TOP