NEWS

TikTokの運用や動画作成を外注する際の注意点3つ

公式アカウントをさらに伸ばすために、TikTokの運用や動画作成を外注したいと思っている担当者の方も多いのではないでしょうか。今回はTikTokの運用や動画作成を外注する際の注意点3つについてご紹介します。

TikTokは流行りの移り変わりもはやく、サービス自体が持つ世界観や空気感においても、他のSNSと比べて特徴的な部分があります。そのため他のSNSで配信している動画広告をそのまま使うのではなく、TikTokに合わせた動画制作が必要になってきます。しかし実際にコンテンツを制作していくするとなると、一体何から始めたら良いのかが分からない、またはせっかく始めるからには成果を出したいと考えている企業の担当者さまも多いのではないでしょうか。その場合には、専門的なノウハウを持った会社に外注することをおすすめします。

外注先を選ぶ際には以下の3つのポイントを意識しましょう。

【1】得意領域が自社ジャンルに一致しているか確認する

会社にはそれぞれ得意なジャンルや領域があります。得意な領域と、作成していきたいコンテンツ内容のジャンル等も明確にした上で外注先を探すようにしましょう。具体的にどのような映像にしたいなどというイメージがある場合には、該当の会社の強みと一致するかどうかを事前に確認しましょう。コンテンツ実績等がある場合には、動画のレベル感やテイストが合うか等をチェックしておくことをおすすめします。

【2】実際に自社が求めているPDCAがしっかり回るか

また決めた会社に依頼する前にあらかじめ確認しておきたいのが、PDCAがしっかり回るかという部分です。特に初めて外注する際には、動画の納品だけで終了ではなく、その動画広告による結果分析や次回アクションまでがしっかりあることを確認しましょう。そのためには発注〜納品までのサイクルが早いことも重要なのでチェックしておきましょう。

【3】自社の予算に費用が見合うか

外注する際にはコストの部分も重要になってきます。外注先を決める際には複数の会社に同時に見積もりを出してもらうと相場もわかり、比較・検討できるのでおすすめです。

PAGE TOP