NEWS

TikTokの運用をはじめるならこれだけは理解しておきたい特徴3つ

TikTokの運用をはじめる際に、他SNSとの違いを理解し、特徴をおさえた上で運用をしていきたいですよね。今回はTikTokの運用をはじめるならこれだけは理解しておきたい特徴3つについてご紹介します。TikTokは全画面表示の縦長動画を投稿できるSNSで、アプリから動画の撮影、加工、投稿などが可能です。他のSNSと同じようにフォローやいいね、コメントなどの機能もあります。

【特徴その1】縦型短尺動画のプラットフォーム

TikTokはショートムービーのプラットフォームになっています。日本国内以外も含めても多くのユーザーを抱えており、短尺の縦型動画に関するデータ量は随一になっています。このデータ量がユーザーの閲覧行動や、より支持される動画をレコメンドする精度の高さに繋がっています。

【特徴その2】高精度のレコメンドによる新規コンテンツのリーチのしやすさ

コンテンツをレコメンドする精度が高く、ユーザーもフォローしていない人の動画も表示される「おすすめ」のフィードをよく利用しているため、他のSNSより新規のリーチがしやすいのが最大の特徴になります。デモグラフィックデータや、アプリ内行動から分かる興味関心とユーザーの環境、そして動画の特徴を掛け合わせ、AI が「おすすめ」に掲載するコンテンツを決定しているため、ユーザーの興味関心に合ったリーチを実現させています。

【特徴その3】 1日当たりのユーザーの滞在時間が長い

TikTokは1日当たりのユーザーの滞在時間が長く、米英など、国によってはYouTubeを超えていると言われています。また、個人のユーザーごとに見た時も、1日当たりの滞在時間が40分程と、割と長い点が特徴です。短時間でさまざまなコンテンツに触れられるフォーマットになっており、動画を見終えたすぐ次の瞬間にはすぐ動画が再生されるようになっているので、やめ時がないのが特徴です。またTikTokができた当初から人気のリップシンクや、踊ってみた系の投稿に加え、近年では英会話や生活におけるHOW TO動画も投稿されるようになってきたことでコンテンツの幅が広がり、お役立ち情報の収集目的としても利用されています。

PAGE TOP