NEWS

Tiktokの運用代行を依頼する際にチェックすべきポイントとは?

現在どの企業も力を入れているTiktokですが、いざ何もわからないところから踏み出すのはとても勇気がいるSNSの一つです。そんな時、運用代行を外部に依頼することを検討している担当者の方も少なくないでしょう。今回は、Tiktokの運用代行を依頼する際にチェックすべきポイントについてご紹介します。

■ポイント1:サポート内容と費用

運用の際に、具体的にどこまでをサポートしてくれるのか確認しましょう。サポート内容が曖昧なままだと、「ここまでサポートしてくれると思ってた」などと、お互いの認識の相違によるトラブルに繋がります。また、サポート内容に対する費用についても、どのサポートにいくらの費用が発生しているか事前に把握しておくと、トラブル防止になります。代行会社の選定時や契約前に、必ず細かいサポート内容とそれに伴う費用をチェックしておきましょう。

■ポイント2:コミュニケーションの頻度と対応速度

外部に運用を依頼する際は、コミュニケーションの頻度とレスポンスの速度が非常に重要なポイントになってきます。TikTokの運用に不明点があり、連絡ツールで問い合わせたにも関わらず、営業時間内にも関わらず連絡がないというのはよくあることです。レスポンスが遅いとスピードが落ちるのと同時に相手への不信感に繋がり、両社の関係が悪化するだけでなく、アカウント運用自体に支障が出る恐れがあります。契約前には定例がどの位の頻度であるのかなど、コミュニケーションについて確認しておきましょう。

■ポイント3:運用代行とコンサルの実績

TikTokの運用の代行やコンサルを企業に依頼する際は、これまでの実績を必ず確認しましょう。運用代行会社の中には、実際にTikTokの運用実績が少ないにも関わらず、過大な表現で依頼を受けようとする企業も存在するのは事実です。悪質な業者に引っかからないために、過去の実績チェックは必要不可欠です。具体的には、担当企業やその際のフォロワー獲得数やコンバージョン数など、自社が重視したいデータを確認するようにしましょう。また、自社とのマッチングを確認するためにも、同ジャンルの企業を担当した実績があるかもチェックしておくといいかもしれません。

弊社出版実績







PAGE TOP