NEWS

TikTokを通じてZ世代にリーチするための戦略

露骨な広告を嫌うZ世代は、TikTokユーザーの6割を占める

Z世代は、一般的に7~22歳の若者を意味します。多様性や環境問題に関心があり、あからさまな広告を嫌う傾向が指摘されています。世界的に見れば消費者の4分の1を占める存在であるため、企業は過剰な広告を避けながらリーチする方法を探ってきました。そこで、Z世代はTikTokユーザーの6割を占めるため、Z世代とのエンゲージメントを獲得する手法としてTikTokに期待が集まっています。Backstage社がTikTokを介してZ世代にリーチするための戦略について解説しました。

インフルエンサーをきっかけに、Z世代の参加を促す

インフルエンサーと協業したハッシュタグキャンペーンはZ世代から人気を集めています。例えば、あるメキシカン・レストランは、アボカドに関連したダンスを踊る動画を「#GuacDance」のハッシュタグを付けて投稿するようインフルエンサーに依頼しました。フォロワー達もインフルエンサーにならって動画を投稿し、一週間もたたずに25万件の動画が集まるという大きな成功につながっています。
Z世代のTikTokユーザーはユーモアを重視するので、たとえ何の意味もなさなくても、面白ければ「バズる」可能性があります。そして、流行している音楽やハッシュタグ、フィルターは、すぐにTikTokのアルゴリズムによって検出され、多くのユーザーに推薦されるような仕組みになっています。Z世代の間で流行するトレンドを把握するのは、極めて重要です。

Z世代のアイデアを借りてTikTokマーケティングを推進する

Z世代にリーチするには、同世代のアイデアを借りるのも良い戦略です。ある学習アプリでは、ソーシャルメディア運営をZ世代の担当者に任せました。その担当者が考案したキャラクターを含んだTikTok広告は人気を集め、ブランド認知を大きく向上させるのに貢献しました。この広告効果もあり、結果として、そのフォロワー数は5万人から400万人まで増加するという成功を収めています。

まとめ

TikTokでは視聴者の注意をひき、動画を最後まで見てもらう方法を追求するのが重要です。高品質な動画を制作するよりも、純粋に動画制作を楽しむ方が、Z世代にも楽しんでもらえるでしょう。トレンドに従い、視聴者を驚かせたり、笑わせたりするよう創造性を発揮することが推奨されます。

参考資料
https://www.backstage.com/magazine/article/gen-z-tiktok-marketing-tips-75395/
著者:Takayuki Sato
Photo by Nicolas Lobos of Unsplash.

弊社出版実績







PAGE TOP