NEWS

TikTok広告のベストプラクティス

ユーザーの興味をひくコンテンツが高い評価を受ける傾向にある

TikTokは2021年時点でiOSに限った日次アクティブユーザーが3500万人を超えました。若い世代を中心に世界的な流行が広がるにつれ、広告のプラットフォームとしても魅力が増しています。RedTrack社がTikTok広告のベストプラクティスについて解説しました。
TikTok広告の仕組みはFacebookと共通点があり、特定のオーディエンスに対しブランド認知を高めることができます。ただし、TikTokの場合、よりユーザー体験に重きが置かれ、目をひくような動画広告を作成する必要があります。

割引や無料のオファーをCTAとして設定し、購買意欲を刺激する

TikTokでは、いかにもプロが制作したような動画は好まれない傾向にあります。実際にユーザーが作ったようなコンテンツの方が、TikTokでは自然に見えるものです。ユーザーは常に新しく、面白くて、おかしなコンテンツを探しているため、様々な種類の動画広告を試してみると良いでしょう。TikTok広告ではCTA(コールトゥアクション)を含めるのを忘れてはいけません。割引やクーポン、無料配送といった魅力的なオファーを提示し、ユーザーの興味をひきます。

徐々に広告予算を上げて、最も効果の高いコンテンツとターゲット層を特定する

TikTokの場合、はじめはターゲットを絞らずに動画を公開し、最もエンゲージメントが高いコンテンツを探る戦略が推奨されます。最も人気を集めたコンテンツを特定してから、広告を出稿するターゲットとして、自社の商品・サービスに関連した興味を持つ層を選択します。この順序で進めると、最もコンバージョン率の高いコンテンツとターゲット層が明らかになります。
TikTok広告の予算は徐々に高めるように進めるべきです。例えば、48時間ごとに20%増加させるといった方法で、比較的、費用対効果の高いキャンペーンをいくつか割り出します。最後に残った複数の広告グループに対しキャンペーン予算の最適化(CBO)を設定すれば、TikTokが自動的に最適な広告予算の配分を設定してくれます。

まとめ

TikTokは新しいプラットフォームであり、使い慣れていないマーケティング担当者にとっては敷居の高さを感じさせるかもしれません。ベストプラクティスに従って新しい挑戦を始めれば、マーケティング上の成果につながっていくでしょう。

参考資料

How to advertise with TikTok Ads: Best Practices for 2022


著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







最近の記事

PAGE TOP