NEWS

TikTok広告の種類とそれぞれの効果について徹底調査!

企業にとって現在注目すべきなのはTikTok広告だと言っても過言ではありません。今回はTikTok広告の種類とそれぞれの効果について徹底調査します。

インフィード広告

インフィード広告は、おすすめに表示される動画広告です。特徴としては、他の投稿と同じように「いいね」や「コメント」がつく形となっており、ユーザーの反応を確認できる点です。また、シェアも可能になっているため、拡散も期待できます。また他の一般投稿と同じように掲載されるため、広告だと気づかれないことも多く、一般の投稿の中に自然と表示させることができます。費用としては、利用プランにより大きく異なりますが、グロス42万円から広告を出すことが可能で、大体の相場は50万円ほどだと言われています。50万円ほどの広告費の場合、60万のインプレッションを獲得することができるため、比較的安価で効果の高いなプランで利用できる点がポイントです。

起動画面広告

起動画面広告とは、TikTokを起動した際に表示される広告のことです。特徴としては、TikTok起動時に表示される広告であるため、誰にでも見てもらいやすいという点があります。またリンクを設置することもでき、自社のホームページへ遷移をさせることも可能です。ただし費用についてはかなり高額になっています。インプレッション課金型となっており、「770円/1,000imp」が大体の単価です。よって相場としては500万円ほどがかかると考えていいでしょう。

チャレンジ広告

チャレンジ広告とは、企業がハッシュタグを用意し、そのハッシュタグを用いてユーザーが作成・投稿する、ユーザー参加型のTikTok広告です。特徴としては、企業が配信する広告とは異なり、ユーザーが自然と拡散していくれるスタイルの広告であるため、バズれば「流行り」として高い拡散性が見込める点です。費用は期間契約となっており、プラン内容によっても異なります。一番安いものでも1,000万円ほどが相場になります。他の広告と比べてもかなり高額ですが、うまくワークすれば、認知度向上やファン獲得が期待できます。

PAGE TOP