NEWS

TikTok運用のコツ14選【2023年最新版】

TikTokは若い世代を中心に急速に普及し、企業も積極的に取り組むべきプラットフォームとなっています。独自のトレンドや短編動画の文化が根付いており、企業が効果的にアカウント運用を行うためには、その特性を理解し、適切な戦略を立てることが重要です。本記事では、企業がTikTokアカウントを運用する際の効果的なコツや注意点を解説します。YouTube運用とは異なる視点から、TikTokでの成功を目指しましょう。

企業がTikTokアカウントを効果的に運用するためには、以下の要素が重要です。

1.目標設定
2.トレンドを活用
3. オリジナルのハッシュタグを作成
4.ユーザーエンゲージメントを促すコンテンツ
5.動画のクオリティ向上
6.短時間で伝えるストーリーテリング
7.コラボレーションを活用
8.定期的な投稿スケジュール
9.TikTok広告を活用
10.アナリティクスを活用
11.クリエイティブなアイデア
12.ユーザーフィードバックを活用
13.地域性を活かしたコンテンツ
14.TikTokライブを活用

目標設定

明確な目標設定は、TikTok運用においても重要です。フォロワー数の増加、ブランド認知度向上、商品やサービスの売上向上など、具体的な目標を立てましょう。例えば、「3か月でフォロワー数を10,000人増加させる」や「動画再生数を1ヶ月で30%向上させる」など、明確な数値目標を設定します。

トレンドを活用

TikTokではトレンドや流行りの音楽を活用した動画が注目を集めやすいです。企業も、トレンドに乗った動画を作成し、フォロワーの関心を引くことが重要です。例えば、流行りのダンスや音楽を商品やサービスに絡めた動画を制作し、視聴者の興味を引きましょう。

オリジナルのハッシュタグを作成

企業独自のハッシュタグを作成し、投稿動画に使用することで、フォロワーにブランドを印象づけることができます。例えば、「#企業名チャレンジ」や「#商品名ダンス」など、企業や商品の名前を入れたハッシュタグを使用して、ブランディング効果を高めましょう。

ユーザーエンゲージメントを促すコンテンツ

TikTokでは、視聴者が参加しやすいコンテンツが好まれます。チャレンジやクイズなど、視聴者が自ら参加できるコンテンツを企画しましょう。例えば、商品を使った料理チャレンジや、ブランドに関するクイズを投稿して、フォロワーのエンゲージメントを高めます。

動画のクオリティ向上

TikTokでは、クオリティの高い動画がより多くの再生数やいいねを獲得できます。編集スキルを磨いたり、効果的なカメラワークや照明を使用することで、動画のクオリティを向上させましょう。例えば、カメラのアングルや照明を工夫して、商品の魅力を最大限に引き出す動画を制作します。

短時間で伝えるストーリーテリング

TikTokでは、短時間でストーリーを伝えるスキルが重要です。15秒~1分程度の動画で、視聴者の興味を引くストーリーを展開しましょう。例えば、商品の開発過程や利用シーンを描いたストーリーを作成して、視聴者に感情移入させます。

コラボレーションを活用

TikTokでは、他のアカウントとのコラボレーションが注目を集めることが多いです。企業も、インフルエンサーや他の企業とコラボレーションを行い、リーチを拡大しましょう。例えば、業界のインフルエンサーと商品紹介動画を制作したり、同業界の企業とコラボイベントを企画することで、相互のフォロワーを増やすことができます。

定期的な投稿スケジュール

TikTokでは、定期的に投稿することで、フォロワーが維持されることが多いです。投稿スケジュールを作成し、週に数回は投稿するように心掛けましょう。例えば、月曜日に商品紹介動画、水曜日にチャレンジ動画、金曜日にクイズ動画など、曜日ごとに投稿内容を決めることが効果的です。

TikTok広告を活用

TikTokの広告機能を活用することで、企業の動画をより多くの人に届けることができます。例えば、インフィード広告やブランディングタイル広告を使用して、ターゲット層に合った広告を配信しましょう。

アナリティクスを活用:

TikTokのアナリティクス機能を活用して、投稿動画のパフォーマンスを分析しましょう。再生数やいいね数、シェア数などのデータをもとに、どのようなコンテンツが受け入れられているかを把握し、今後のコンテンツ作成に反映させます。

クリエイティブなアイデア

TikTokでは、独創的でユニークなアイデアが好まれます。他とは違った視点やアプローチで、企業の商品やサービスをアピールしましょう。例えば、商品を使用したユニークなアート作品を制作したり、面白いコンセプトの動画を投稿することで、視聴者の注目を集めることができます。

ユーザーフィードバックを活用

視聴者からのコメントやメッセージを大切にし、彼らの意見や要望をコンテンツに反映させましょう。例えば、フォロワーからのリクエストに応えた動画を投稿することで、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。

地域性を活かしたコンテンツ

企業が地域に根ざしたサービスや商品を提供している場合、地域性を活かしたコンテンツが効果的です。例えば、地元の名所や風物を紹介する動画を制作したり、地域のイベントに関する情報を発信することで、地域住民や観光客の関心を引くことができます。

TikTokライブを活用

TikTokライブを活用することで、リアルタイムでフォロワーとコミュニケーションを取ることができます。例えば、新商品の発表会やQ&Aセッションをライブ配信することで、フォロワーとの距離を縮め、信頼関係を築くことができます。

以上のコツや注意点を踏まえながら、企業のTikTokアカウント運用を効果的に行いましょう。適切な戦略と実行力で、TikTokを活用して企業のブランディングや顧客獲得に成功することができます。


Photo by George Dolgikh of pexels.

弊社出版実績







PAGE TOP