BLOG

Weibo、Wechatの運用代行サービスの提供を開始

報道関係者各位
プレスリリース
2019年07月12日

グローバルリンクジャパン、ソーシャルメディア運用代行サービスにおいて
Weibo、Wechatの運用代行サービスの提供を開始

株式会社グローバルリンクジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:杉岡 彦士)は、同社が提供しているソーシャルメディア運用代行サービスにおいて、新たにWeibo、Wechatの運用代行サービスご提供することになりましたのでお知らせ致します。

■リリースの背景

訪日旅行客は年々増加しており、昨年2018年には3,100万人に達しました。国別の内訳を見てみると、訪日旅行者の27パーセントが中国からの旅行者となっており、国別の消費額も34パーセントとトップになっています。中国人の集客に最も効果があるのは口コミ情報だと言われていますが、現在開設されている日本企業のWeiboやWechatアカウントでは、一方的な投稿が多く、口コミ投稿は少ない状態ではないでしょうか。コンテンツの配信自体がゴールになってしまっており、目的やKPIが設定されていないため、日本人管理者が中国人に任せきりになっているケースや、代行業者の中には安価なフォロワーを買って、いかにも増加したように見せかけ、クライアントに対して良い結果を報告しているケースもあるようです。当社ではこのような課題を解決するために新たな運用代行サービスの提供をさせていただきます。

■サービスの特徴

<初期導入費用を¥0にして、中国参入のハードルを低くします>
通常、アカウント開設費用+オプション費用に月々の運用費用がかかるため、初期の導入コストが高額になってしまい、Weibo、Wechat導入のハードルが高くなってしまう傾向があります。当社サービスではアカウント開設+分析オプション(Weiboのみ)+運用代行等をパッケージ化することで、初期費用を¥0に抑えWeibo、Wechat導入のハードルを低くすることが可能になります。

<アカウント分析は中国人スタッフと連携したハイブリッド形式>
運用代行サービスを選択する際にアカウント分析の精度は重要な要素になるかと思います。多くの企業では中国人に任せきりにしているケースも多く、数値とグラフだけが載ってるレポートを納品するのがスタンダードではないでしょうか。当社サービスでは一社一社に充分な工数をかけ中国人スタッフが分析し、日本人スタッフが最終チェックをするというハイブリッド形式でレポートを作成させていただきます。レポートは数値とグラフで結果だけを報告するのではなく、今月の傾向から今後の運用方針までアドバイスさせていただきます。

<投稿を代行するだけではなく、目的を達成するために方向性やKPIを設定>
中国である程度知名度があれば運用代行のみでも充分効果が出るとは思いますが、商品やサービスが中国での知名度がない状態で運用した場合、フォロワーの増加は正直見込めません。当社サービスではアカウントの運用を開始する前にアカウントの方向性やKPI(閲覧数、エンゲージメント、問い合わせ数、フォロワー数、性別、年齢層など)と広告運用(オプション)を含めた年間計画を設定させていただいた上で運用させていただきます。

■料金

導入初期費用は無料、Wechatの月額料金は218,000円~/月、Weiboの月額料金は268,000円~/月を予定しています。オプションで別途KOL広告やフィード広告等の御提案をさせていただきます。

■グローバルリンクジャパンについて

会社名 : 株式会社グローバルリンクジャパン
所在地 : 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-9-10 八丁堀フロンティアビル5F
代表者 : 代表取締役 杉岡 彦士(すぎおか ひこし)
事業内容: ソーシャルメディアマーケティング、コンテンツマーケティング
URL   : https://www.smmj.jp

PAGE TOP