NEWS

YouTubeがNFT導入を発表!ユーザーや企業への影響とは?

YouTubeがNFT導入することを発表しました。それによるユーザーや企業への影響とはどのようなことがあるのでしょうか?

YouTubeのCEO、Susan Wojicki氏は、2022年のYouTubeの優先事項などを説明する公式ブログの投稿の中で、NFT(非代替トークン)を活用していく考えを明らかにしました。Wojicki氏は、Web3がYouTubeで革新を続けるためのインスピレーションの源だとした上で、「クリエイターがNFTなどの新たなテクノロジーを活用できるようにYouTubeのエコシステムを拡大することに常に注力しており、クリエイターとファンのYouTubeでの体験を引き続き強化していきます」と述べています。

NFTにどう取り組むのか、詳しい内容にはまだ触れられていませんが、クリエイターの新しい収入源という括りの中で説明されていることから、今後クリエイターがNFTグッズを販売できるようにすることなどが考えられます。

現在NFT関連では、Twitterが有料プランBlueの加入者向けにプロフィール画像としてNFTを利用可能にしたほか、FacebookとInstagramでもNFTの作成や販売する方法を開発していると言われています。Adidasがメタバース向けにNFTコレクションを販売し、短期間で26億ドル売り上げるというニュースも上がってきています。

このほか、クリエイターの収益化に関しては、ポッドキャストも注目しており、クリエイターの経済活動に欠かせないものになると期待していると述べています。また、YouTube内のショッピングとShortの統合についてもテストの初期段階にあるとのことです。これらの動きにより、企業やインフルエンサー向けに勉強会が行われ始めています。

今後個人でも企業でも取り組まざるを得ない大きな事業の一つであり、今後もチェックが必要な分野といえるため、勉強会などがある場合には積極的に参加をし、情報をキャッチアップすることをおすすめします。

PAGE TOP