NEWS

Youtubeの動画コンテンツの内容を考える際に気をつけるべき点とは?

動画を更新し続けていくと、コンテンツの内容に行き詰まってしまったり、どの内容が正解なのかがわからなくなってしまうことはありませんか?今回はコンテンツの内容を考える際に気をつけるべき点やコツなどについて、項目ごとにご紹介します。

YouTubeは現在多くの視聴者がおり、情報を世界中で拡散出来る部分が特徴的です。
YouTubeの企業チャンネルは個人チャンネルと異なり、費用をかけてチャンネルの質を高めたり、SNSマーケティングなどと掛け合わせて慎重に運用を行って行くことが大切です。

■プロの力を借りながら、質の高い動画を制作、効果的な運用をする
今あるリソースを最大限に生かしても、効果を出し続けることには限界があるかと思います。個人で運用しているYouTubeチャンネルと違い、企業アカウントはブランディングに影響するために失敗は許されない部分もあり、質の高い動画とそれを効果的に運用するノウハウが非常に大事なポイントになってきます。不得意とされる分野はプロに外注したり、コンテンツの内容についてもコンサルを外から迎え入れるなど、プロの力を借りながらスピーディにYouTubeの事業で結果を出すために工夫しましょう。

■YouTubeチャンネルの動画自体を営業活動に活かせるようなコンテンツを作成する
魅力的なコンテンツを作成できた場合、そのコンテンツ自体を営業活動に使うことができます。その際SEOやタグなど、アカウント設定でミスをすると数字の結果が変わってきてしまうので、しっかりと隈なく確認してアップロードしましょう。「公式アカウントの動画コンテンツを商品にリンクさせて様々な営業の場面で使用する」という目標をおいてコンテンツを考えていくと、本質的な動画が仕上がり、チャンネル自体も成長させていくことができます。

■ユーザーの動向を分析し、今後のコンテンツの改善やアイディアに活かす

適切なマーケティング手法を用いて、数字の結果を分析し、素早くコンテンツの修正に活かすことが重要になってきます。「この系統は反応がよかったな」「この動画は効果がうすかったな」などと毎回振り返ることで、よりよいコンテンツが出来上がってきます。もちろん数字の分析の部分はプロやツールに分析をお願いするのもいいかもしれません。

弊社出版実績







最近の記事

PAGE TOP