NEWS

Youtubeの概要欄が非常に大事なわけとは

Youtubeの概要欄はうまく活用できていますか?動画の内容やサムネイルはとてもいいのに、概要欄が残念な公式アカウントをよくみかけます。ここをこだわると、いいね数やチャンネル登録数の増加に繋がります。実際YouTubeにアップロードする動画のタイトルやサムネイルには時間をかけても概要欄にに力を入れている人はあまり多くありません。しかし有名なYouTuberや人気のYoutubeチャンネルこそ概要欄をみるとポイントを抑えていています。登録者数を増やし、再生時間をあげるためには概要欄には力を入れるべきです。

下記ポイントを抑えながら、概要欄を充実させていきましょう。

■アップロードした動画の説明を簡潔にまとめる
Youtubeの概要欄は、自分のチャンネルについて説明する場所になります。正直概要欄は必ず誰もが見てくれるわけではありません。しかし概要欄まで見てくれる人は、チャンネルに興味を持ってくれたということです。ここで説明が乏しいとチャンネル登録までいかずに離脱してしまいます。概要欄に入力できる文字数は、最大1000字までとなっています。しかし文字数いっぱいに長文は書かず、伝えたいことを分かりやすく簡潔に書くよう心がけましょう。

■ハッシュタグやキーワードを入れる
ハッシュタグやキーワードを設定すると検索に引っかかりやすくなります。しかし、無闇に多くのハッシュタグやキーワードを入れて何の動画なのか分からなくならないよう気をつけましょう。ちなみに、Youtubeは「重要なキーワードを説明欄の最初の部分に記載する」ということを推奨しています。

■リンクを埋め込む
概要欄に公式SNSや公式HP、関連サイトのリンクを貼っておきましょう。動画から興味を持った人はそこから遷移し、どのような企業や商品なのかさらに興味を持ってもらうことができます。そして一番大事なことは視聴者に次の行動を促す文章を記載することです。
・チャンネル登録お願いします
・SNSのフォローお願いします
・いいねをお願いします

等、もちろん動画内で上記を述べてもいいですが、概要欄にも同じくこのような文があることで、視聴者は具体的なアクションを起こしてくれやすくなります。

PAGE TOP