NEWS

YouTubeショート動画作成のコツとは?

YouTubeショートは、本編の長尺の動画と違って、作成の際に視聴者にみてもらうためのコツがあります。今回はそのコツについて解説します。

コツその1:冒頭3秒で興味を引く

YouTubeショート動画を見ているユーザーは、興味がないと判断した動画はすぐにスクロールします。動画がユーザーに表示された最初の数秒で興味を引かなければ、動画を最後まで視聴してもらうことはできません。冒頭でお決まりのフレーズを入れたり、その動画を見ていれば最後に何か情報を得られることを期待させるような文言を入れたりといった工夫をするようにしましょう。

コツその2:リズムをつくる

YouTubeショート動画はループして見てもらえることも多いため、リズムよく繰り返しみたくなるような動画を作成しましょう。前述した通りYoutubeショート動画はスクロールして簡単に他の動画へ移動されてしまうので、視聴者を最後まで飽きさせないようにテンポを意識することが重要です。

コツその3:人気の曲やダンスを使用する

人気の曲やダンスなどを使用することで、よりリーチしやすくなると言われています。

コツその4:作り込みすぎない

YouTubeショート用の動画を撮影する際は、ガチガチに作り込みすぎず、基本的には自然体でいることを意識しましょう。YouTubeショート動画では、ショートvlogのような自然体で手を加えられていない動画が喜ばれる傾向にあります。

今まで企業チャンネルは「8〜10分の動画」が好まれるとされていましたが、昨今では「短時間でまとめられたわかりやすい3-4分未満の動画」か「長時間で濃厚な情報を得ることができる16分以上の動画」が、登録者増加に適していると言われています。また、2023年2月1日より、YouTubeパートナープログラムで収益化を行っているパートナーは、YouTube ショートフィードの動画間に表示される広告から収益を得られるようになったこともうれしいポイントです。ぜひこれを機に、YouTubeショートに力を入れてみてはいかがでしょうか。

弊社出版実績







PAGE TOP