NEWS

Youtubeライブの機能「予約配信」の活用方法とは?

Youtubeライブで予約配信をすると、指定した時刻から配信することを視聴者に告知・宣伝することができるので、配信開始前にユーザーのチャットなどで盛り上がりを作ることができます。

予約配信には具体的に以下のようなメリットがあります。

▼配信直前に、視聴者がリマインダー通知を受け取ることができる
▼あらかじめ配信を告知や宣伝することができる
▼YouTube上の待機所で、視聴者同士チャットできる

では具体的にはどのような方法で設定するのでしょうか?

YouTubeにアクセスし、右上のカメラアイコンから「ライブ配信を開始」をクリック
「管理」をクリック
「ライブ配信をスケジュール設定」をクリック。「新しいエンコーダ配信」という設定画面が表示されます。場合によっては、「前回の設定を使用して新しい配信を作成」が出てくるかもしれませんが、その場合は「新規作成」と「設定を再利用」のどちらを選択しても問題ありません。
日時の設定をしていきます。「カスタム サムネイルをアップロード」からは、待機所に表示される画像を設定することができます。
設定が完了したら、「エンコーダ配信を作成」をクリック。画面が切り替わり「配信予定」の欄が表示されたら、「近日配信」の文字とともにサムネイルが表示されたことを確認しましょう。

スケジュール設定が完了したら、視聴者に配信があることを事前告知しましょう。そのために、視聴者に伝えるURLを取得しましょう。

「近日配信」のサムネイルをクリック。
右上の矢印をクリック。共有用のURLが表示されたらコピーをします。
(「配信予定」欄のサムネイルにカーソルを合わせ、縦の3点リーダーが表示されたら「共有可能なリンクを取得」をクリックしても取得可能です。)

「リマインダーを設定」ボタンが表示されていますが、これは視聴予約のようなものだと思ってください。視聴者のための機能であり、ONにしておくと配信開始の通知をスマホで受け取れます。

予約配信は、突発的にやる配信とは配信方法が微妙に異なるため、使用目的や用途に応じて使い分けていきましょう。

PAGE TOP