NEWS

YouTube広告に関する、よくある勘違い

仮説:YouTube広告は推測に頼って制作されている?

優れた映像や素材は高い広告効果をもたらします。成果を上げてきたマーケティング部門は、YouTube広告のような新しいフォーマットでも、広告制作に関するノウハウを蓄積してきました。ここで、広告制作のルールについて誤解があると、どんなチームでも高い広告効果は期待できないでしょう。Google社のBen Jones氏がYouTube広告に関する、よくある勘違いについて指摘しています。
まず、YouTubeで流行するかどうかは当てずっぽうだというのは誤りと言えます。たしかに不確定な部分はありますが、優れた広告は適切なステップに基づいて成功の確率を高めているものです。興味をひき、企業や商品を自然に紹介し、ストーリーを伝え、行動を促すという要素を含めた広告は、短期的な営業効果が30%、長期的なブランド構築には17%の広告効果が向上しています。

仮説:キャンペーンに関わる試行錯誤は時間の無駄か?

次に、良いYouTube広告には決まった形式があるというのも勘違いです。前述のように広告に含めるべき要素はあるものの、いつでも成功できるフォーマットは存在せず、自身の創造性を発揮するべきです。ドキュメンタリーのシリーズや、ユーザーによる商品レビュー、CEOのインタビューなど、様々なコンテンツが考えられます。アニメシリーズを制作し、売り上げを倍以上に伸ばした例もあります。
また、広告キャンペーンを試行錯誤するのは時間がかかり過ぎると考える人は、考えを改める必要があります。広告ではキャッチコピーの文言や、動画の開始部分を少し変更するといった、わずかな違いが広告効果に大きな変化をもたらすものです。見出しやCTA(コール・トゥ・アクション)、ランディングページの最適化を続けて、25%のブランド認知向上につなげた事例があります。

仮説:テレビCMはYouTubeでも通用する?

テレビCMとして制作した動画が、全てのプラットフォームで効果を発揮するとは限りません。モバイル機器でYouTubeを見る視聴者に対しては、より短い時間で興味をひき、小さな画面でも分かりやすいよう色や文字を工夫しなければならないからです。テレビCMをYouTube向けに最適化した結果、広告の投資対効果が2.3倍に増加したケースがありました。

まとめ

YouTube広告の効果を最大限に発揮するため、積極的に試行錯誤を重ね、デジタル環境に最適化し、新たなアイデアを加えることが推奨されます。YouTube広告のノウハウを自社に蓄積していけば、成功の確率を高めていけるでしょう。


参考資料
https://www.thinkwithgoogle.com/future-of-marketing/creativity/creative-best-practices-youtube-ads/
著者:Takayuki Sato

弊社出版実績







PAGE TOP