NEWS

YouTube広告のターゲティングをする時に抑えておくべきポイントを徹底解説!

Youtube広告には細かく設定があり、目的に合わせたターゲティングをすることで、広告効果を期待することができます。今回はYouTube広告のターゲティングする際のポイントをご紹介します。

目的を明確にしてターゲティングをする

YouTube広告を始めるにあたって、どういった目的で広告配信をするのかが明確になっていることが大事になってきます。
例えば「行動」を目的とした場合、広告を見たユーザーに来店をしてもらったり、商品を購入してもらうことが重要になります。そうした場合には「動画リマーケティング」や「購買意欲の高いオーディエンス」を選び、実際に商品の価格を調べていたり、何度もサイトに訪れたりするユーザーを狙って購入の可能性が高いユーザーに広告を配信しましょう。

次に商品やブランドの「認知」を目的とした場合には、まずできるだけ多くのユーザーに知ってもらうこと・ファンになってもらうことが重要になってきます。その場合にはターゲットを絞りすぎず、「年齢や性別」、「アフィニティカテゴリ」を使ってターゲティングしてきましょう。

最後に「検討」を目的とした場合には、動画広告を見たユーザーが実際に商品を検索しにいったり、サイトに訪れたりと、小さな行動をユーザーにしてもらうことが重要です。
「カスタムインテントオーディエンス」 を使い、特定のキーワードを検索しているユーザーや特定のサイトに訪れたユーザーに広告を配信するよう設定しましょう。カスタムインテントオーディエンスは、指定したキーワードを直近で検索したユーザーがターゲットとなるものです。利点としては短期間でユーザー層が更新されるため、動画を頻繁に更新しなくても、新鮮な広告を届けられるのが特徴です。キーワードによっては、様々な目的に合わせて使い分けられるため、ぜひ使いこなしましょう。

フリークエンシーキャップを設定する

フリークエンシーキャップとは、ユーザー1人に対して同じ広告を何回配信するか設定する項目になります。同じ広告が何回も表示されると、ユーザーにネガティブな印象を与えてしまうため、フリークエンシーキャップは1-3回に設定し、動画の内容も定期的に変更していきましょう。

弊社出版実績







PAGE TOP