NEWS

Youtube広告運用を外注する際に気を付けたい代理店の選び方とは

Youtube広告の運用をはじめて実施する場合、ある程度のリソースやノウハウが必要となるため、外注することも視野に入れて考えたいですよね。その際の代理店の選び方や見るべきポイントについてご紹介します。

実際にYoutube広告を利用していて、webマーケティングを行いたいという企業や、すでに実施している企業も多くなっています。但しその場合には、ある程度のリソースやノウハウが必要となります。運用を外注する際には下記のポイントをチェックしてから依頼しましょう。

YouTube広告の運用実績があるか

代理店によっては他媒体の運用実績があっても、YouTube広告の運用経験がないという場合も多くあります。契約する前には、必ず代理店の実績を細かく確認しましょう。

動画制作が依頼できるか

YouTube広告で使用する動画を自社で用意できる場合は問題ありませんが、できない場合は外部に制作を依頼する必要があります。代理店が制作ができない場合には、さらに別の会社を探して別途で依頼しなければならず工数がかかります。他社とのやりとりは出来るだけまとめられた方が楽なので、制作の依頼も必要であれば確認しておきましょう。

アカウントの開示ができるか

運用状況をしっかり把握するためには、運用アカウント情報を共有してもらう必要があります。また、運用代行終了後にアカウント権限を譲渡してくれるところと、そうでないところがあります。事前にアカウントの共有や権限についても必ず確認しておきましょう。

費用感に問題がないか

YouTube広告の運用代行を依頼すると、一般的にはYouTube広告の費用+運用手数料がかかります。費用対効果を考えながら、全体ででかかる費用が当初の予算と見合ったものになるかどうかは、見積もり等をしっかりと出してもらった上で、必ず料金体系等も細かく確認をしておきましょう。

他の広告も取り扱っているか

YouTube広告に特化した会社でもいいのですが、できればその他の広告を併用して施策を打った方が、全体としての効果が高くなる場合があります。全体での施策を考えた際に、リスティング広告などYouTube広告以外の広告も取り扱っている代理店を選びあらゆる角度から運用や施策を提案してもらえれば幅が広がる可能性があります。

PAGE TOP