NEWS

YouTuberに案件を依頼する際に失敗する原因とは?

人気YouTuberに案件を依頼したからといって確実に数字が伸びるとは言い切れません。失敗する時は必ず理由がありますので、事前に把握した上で依頼するようにしましょう。企業が自分でアカウントを作成して動画投稿を始めても、よっぽどなことがない限りいきなり集客は見込めません。

そのため、短期的にチャンネル登録数を増やしたり再生回数をあげたい場合には、すでにファンの多いYouTuberに依頼する方法があります。しかし単にYouTuberに依頼したからと言って、失敗することも多くあります。YouTuberに依頼する際には、以下の3項目に注意するようにしましょう。

宣伝感が満載の動画内容になっていないか

宣伝感が満載の動画内容になっていないか、依頼の段階から確認しておきましょう。いくら人気YouTuberを起用したとしても、企業の商品やサービスをただ紹介するだけの動画では、PR臭が漂い、誰からも視聴してもらえないことがほとんどです。動画の内容には企画の段階から視聴者に楽しんでもらう要素を入れるようにしましょう。

企業の伝えたいこととズレていないか

YouTuberに依頼したとしても、企業のアピールしたいことと動画の内容がズレてしまっては意味がありません。視聴者に商品やサービスの魅力を伝えることができなければ、効果的な集客は見込めません。YouTuberに依頼する場合は、はじめからすべてを任せるのではなく、もちろん企画の段階から打ち合わせをし、撮影後の動画や編集途中の動画など細かくチェックをし、ズレが発生しないように心がけましょう。

視聴者目線で動画を企画・制作してしまっていないか

一番気をつけたい項目として、企業目線で動画を企画・制作してしまっていないかという点です。事前に打ち合わせをしたところで、依頼するクライアントとしてはこちら側の意向がベースになるため、企画段階から企業目線が強い場合に、そもそも視聴者が置いてかれてしまう内容になっている場合があります。動画の内容は、企業が伝えたいことではなく、ユーザーが知りたいことを意識して作ることが大事になってきますので気をつけましょう。

弊社出版実績







PAGE TOP